top of page

アロマのベールをまとう💫

ここ最近のコロナ対策で アロマに興味を持ってくださる方が増えてまいりました。

植物には良い力があるんだろう。

とか

良い香りを嗅いでリラックスすることが体に良いのだろう。

とか

友人や家族に勧められたから。

ナドナド

皆さん   なんとなく  アロマの良さを期待されて使っていらっしゃいます。

せっかくなので 少しでも  アロマの良さをイメージしながらお使いいただきたく。

精油は   植物が持つ殺菌成分を含んでいます。

木々や野に咲く花々は   自分自身を守るために

自分に害を及ぼす菌やウィルス、虫たちを寄せ付けない

殺菌剤を発しており

精油は  それらを含む  植物達の免疫活性剤とも言える

機能性芳香物質です。


普段  この精油をスプレーなどにして

衣服や髪に振りかけることで

自分の回りに  植物の 殺菌成分を揮発させていることになります。

また

私達の体内は  普段から  多くの菌やウィルスにさらされていますが

体が元気な時は  自分自身の免疫力で  それらをやっつけてしまいます。

ただ  長引くストレスや疲労、加齢など

免疫力も低下し   慢性的に風邪を引いたり

自分の力では  なかなか菌やウィルスをやっつける事が出来ず

スッキリしない、という状態が続きます。

精油には  悪さをする菌の増殖を防ぐものもあり

それによって

皮膚や呼吸器、消化器系などの不調を防ぐことにもつながります。

また  血管拡張作用のある精油等を使用することで

血流が良くなり

体温が上がり  免疫を高めることにもつながります。

芳香や アロマバス、スプレー等で  精油を使用するとご自身の体調管理をちょっぴり サポートしてくれますね。

ちなみに  薬の成分は  植物から抽出したものが多くありますが

精油の中には  そのような成分を含むものが多くあり

精油は  抗菌作用のみならず

同時に消炎作用や免疫賦活作用などを持つものがあり

精油をブレンドすることで   それらの良さは さらに広がりをもちます。

アロマの良さは  キリがありませんが

何より  人々の心をほぐす良い香りがする、ということです。

心地よさを感じることで  呼吸や血圧が整います。

実際に  香りの刺激は  脳に届き  自律神経や内分泌系に伝わることで  体の恒常性を保つサポートをしてくれますね。

精油成分の化学的特性に応じた心理的、生理的作用はもちろん

ご自身の心地良いと感じる香りを 日々にそっと添えてみられると

不安や緊張を和らげ   本来の姿に導かれるように思います。

忍び寄るコロナに備え  乗り切っていきたいですね⭐️

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page