top of page

乳児へのアロマのケアについて

当店のお客様には 小さなお子様連れの方も多くいらっしぃますが その中でも 特に 1歳に満たない乳児の場合。

積極的な精油の使用はおススメしておりません。 但し 鼻水が出る。咳が出る。などの初期症状の場合は ティーツリー、かんきつ類、ユーカリ・ラジアータ、ラベンサラなどの芳香や ハイドロゾルでのケア方法。 又 皮膚のケアにも ハイドロゾルをおススメしております。 さらに ハーブティーの抽出液をお肌のケアに使ってみたり♪ しかし 良くご質問頂く 『水いぼ』について。・・・ お店で 聞いてね。 だって 言いにくいこともあるんですもの。。。 また 良くご質問頂くのが ベビーマッサージに使用するオイルについて。 基本的に まず!パッチテストをして頂き 酸化しにくいホホバオイルをおススメいたします。 よっぽど 不安な場合は ベビマにオイルを必ずしも使用しなければならない訳でもなく。 まずは 触れることで 伝わるんじゃないかなぁ。 1歳以上になると、トリートメントにも精油をかなり薄めではありますが 使用可能になります。 又 8歳以上になると かなり精油の幅も広がり 大人の半分の濃度での使用が可能。 但し アトピーや特にお肌の弱いお子さんは 注意してご使用くださいね。 でも 同じ精油でも基材や濃度を変えながら 注意深く使用すれば アロマは大きく広がると思うので ただやみくもに恐れず 不安な事は 遠慮なく聞いて下さいね^^ 育児に追われる時期がありますが ママもアロマで気分転換しながら 前向きに育児に取り組むことは きっと ママのためにも お子さんのためにも プラスになるはずなので♪ それではでは ^^ 本日も誠にありがとうございました


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page