top of page

初潮年齢の低年齢化

本日は 女の子の体と心を守るセルフケア講座にて 月経にまつわるあれこれをお伝えさせて頂きました。 特に 月経痛にまつわる様々な原因やその対処法について。 次回 大人女子Verでも ますます深めてまいりますヨ♪ そして

とっても!可愛いパッケージのハーブテイーもお土産に♪ 鹿児島市上之園町にある 雑貨とお花のお店 Hou.co.co さんで買えます☆彡 ちなみに  日本の初潮年齢は 世界的に見ても かなり低年齢化してきており 大阪大学の調査結果では 現在は 12歳になっています。 月経とは 月日を経て成長していく 女性だけに与えられたスペシャルなもの♪ 喜ばしいことではありますが 精神的、身体的に かなり未熟であるうちにはじまる初潮は 子供にとって 負担がないとは言い切れないかもしれません。 だからこそ どのように 今後 自分自身と向き合っていくかを 親御さんが伝えていけることがあると 楽になることも多いのでは、と思っています。 『性』 とは 心 と 生きる  女性であることを心から幸せに感じ生きて欲しい、と願います。 ちなみに 初潮年齢の低年齢化の一つに メラトニン不足が上げられています。 体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。 ただでさえ 加齢によっても減り続けてしまうのに 夜遅くまで TVやパソコンの光にさらされてしまうとますます分泌されず 私達大人であればさらに老化を早め 幼少期の子どもたちであればホルモンバランスを乱し 必要以上に 早く成長してしまう、ということに。 さらに このメラトニン不足 月経痛の原因にも(TдT) まずは 子供たち 早寝早起き♪大事ですね^^

それでは!本日もお越しいただき 本当にありがとうございました!

最新記事

すべて表示

Komentáře


bottom of page