top of page

心臓の湯?

「シュワシュワバスボム」って何?

重曹とクエン酸に精油を加えた香り付きの炭酸浴♪ 高濃度の炭酸入浴は ヨーロッパでは 医療にも用いられ ドイツでは 心臓に負担をかけずに血液循環を良くすることが出来るため 「心臓の湯」ともよばれています。 ただ 高濃度でなくとも また 普段当店に並んでいるバスボムでも 血行を良くし、肩こりや眼精疲労、手足の先の冷えなどを解消するには十分♪ もし お時間がある週末などは 高濃度の炭酸泉を楽しむことで さらなる健康効果も♪ その場合は バスタブ半分ほどに 重曹250g,クエン酸210gほどを♪ さらに精油を5,6滴加◎ お湯の温度は 炭酸ガスがすぐに飛んでしまわないように 38~40度程で^^ 全身から二酸化炭素を吸収し、全身を温め、新陳代謝を促し さらに 精油の高揚感や薬効成分がアプローチしてくれますね♪ お肌も柔らかくなり 美肌効果も☆ 9月のクレイで美肌レッスンでは クレイと炭酸水を合わせたクラフトも楽しんで頂きます^^ それでは 今日も懲りずに香ってまっす!

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page