top of page

母 in 1200年の高野山 

弘法大師・空海が真言密教の道場として高野山を開いて今年で1200年目 となるのを記念する大法会(だいほうえ)が和歌山県高野町の高野山上で始まり 多くの観光客や外国人の方がいらっしゃるようです。 鹿児島から和歌山へ帰った母は 早速 高野山のお宿でのアルバイトを始めたようです。 40年間 舅、姑、実父母の介護に苦労してきた母が やっと 好きな場所で過ごすことが出来るのは 娘としても とても嬉しく思います。 そして 人のために生きてきたようでいて そんな事は決して無く  人はいつも生かされていて どんな苦労も無駄ではないのだなぁ。と母を見ていてつくずく思うことです。 やっと 頂いたご褒美を母もかみしめているようです。 慣れない携帯カメラで 写真を送ってくれました。

こんな趣のある道を お散歩できるなんて いいなぁ~~って 母に返事しました♪ 奥深い木々に囲まれた小京都のような高野山は 穏やかでありながら パワーに満ち溢れた美しい場所ですヨ♪ いつか みんなで行きたいね^^ ププ それでは 今日も 本当にありがとうございました


最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page