top of page

自然欠乏症候群

今日は こんな本を読んでみましたよ♪

(付箋を付けすぎて どこが大事だったか分からなくなる・・・のは癖です(TдT)) ちなみに 著者は 医師でありながら 西洋医学だけで患者を診ることに疑問を感じ 自然に囲まれた田舎で 地域医療と都会人の統合医療施設を両立させるため ヨガやアロマ、食養生、また 都会から来る方のための滞在型施設を開設された 医師・医学博士である 山本竜隆氏。 その他 著書に 統合医療のすすめ や 食べ物で体の不調を治す本etc。 近代医学の父である ヒポクラテスの残した言葉に 『人間は 自然から遠ざかるほど 病気に近づく』 とあります。 著者が訴えるのは 大昔から言われてきた自然と人間の関係を 今 見直す時に来ている、と。 現代人の多くが訴える 『病気ではないけれど 何だか優れない』感覚、の原因が 『自然欠乏』にある、と記された本です。 ただ どう考えても 自然いっぱいの山奥で 自給自足で 携帯もスマホも使いません♪  な~んて 今の世の中 ごく一部の恵まれた方しかありえないですよね。 そんな中で どのように『自然』と触れ合うのか? 著書の中には いくつかの対処法が述べられていましたが とっても簡単なのは 『早寝早起き』 『人間』自体も自然の一部: 私達は やっぱり 太陽の光から パワーをもらうのですネ♪ そして 化学調味料や添加物、合成の物の摂取や塗布を極力控える、など。 この時代に生きるからこその苦しみや楽しみがあってしかり、だと思うのです。 頑なに 電磁波やスマホが悪い、とも言ってばかりもいられない。 ただ  朝日を浴びて 旬のものを食べる♪ これくらいであれば 意識することは可能ですね☆彡 良い週末でした。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page